アメフトのタックル問題について自分なりに考えてみました。

今、ネット上でもテレビ、ラジオでも取り沙汰される日大アメフト部の「タックル問題」。監督が指示したことは間違いなさそうですが、監督は責任を認めずの流れでもはや炎上状態です。そもそも全責任は監督にあるのが、どのスポーツでも言えることです。責任逃れをする。たとい、指示していなかったとしても選手を守るのが監督です。自分の身がかわいいだけに入院という逃げをするなんて、監督という責務も果たせていないし、スポーツの世界で生きるべきでない人といった印象を受けます。トップの人。代表取締役の人とは全責任を負えなければ、務まりません。部下の責任にして自分は潔白だなどと言うトップの組織は必ず潰れます。では日大がどうすれば良いのか?監督、コーチ陣を全て解雇。そしてアメフト部も廃部にすべきです。厳しい対応と思われるかも知れませんが、一つの試合を通し、警察に被害届が出されるなんてスポーツ活動ではなく犯罪ですから。今となっては監督に進退要求を求めるのではなく、大学自体が動かなければ何も解決に進まないと私は感じます。極刑を下して、更なる日大の飛躍に期待します!ベルタ葉酸 楽天