休みの日のウィンドウショッピングでの出来事

たまに休みの日には街まで出かけたり、近くのショッピングモールに出かけたりします。
ウィンドウショッピングが好きなのですが、なかなかそれでは終わらないことも多いです。
先日もセールの時期になっていたので、街のあるお店に見に行きました。そこであまり服を買ったことはないのですが、前々から気に入っている店でしたので、今回初めてそこに入って見ました。時期がセールのため、比較的別のお客さんも多かったので、気軽に入って行きました。初めて入る店なので新鮮で、一つ一つを見ていっていると、やはり店員さんが「何かお探しですか。」と声をかけてきました。話をしてしまうと断りにくくなるので、「大丈夫です。」といったのですが、その後も後ろから付いてきて、気になったものを手にすると「試着もできますよと。」と言ってきました。そのまま帰ろうとしたのですが、気になる服を見つけたので、試着をさせていただくことにしました。実際着て見たところ、少し似合っていないなあと自身で思っていましたが、店員さんは「そんなことないですよ。似合っています。」と言ってきました。まあお世辞だろうと思いながら、何か断るきっかけを作ろうと思い、「ここの大きさがちょっと気になるので。違うかな」と伝えたところ、店員さんがその言葉に合わせて、そう言ったものもありますと、出してきました。店員さんの一生懸命な姿に、まあ買ってもいいかなあと思い、これくださいと言ったところ、なんと値段がまあこれくらいは使っていいかなあと思っていた金額の3倍でした。どうもフランスのブランドらしく、そのブランドのものはそのくらいするということでした。「ごめんなさい。」と正直に答えて断ったのですが、服を買うときはまず値段を見ないといけないなあと改めて感じました。